MENU

歳をとっても悩む短小のこと。増大サプリを飲んでみることに

みなさんも短小で悩んでいるという方は多いと思います。
ですが、そういう方でも増大サプリを使ってその悩みを解消したという方は少ないと思います。

 

それはどうしてかというと、多くの方は増大サプリを使っても思ったように大きくならないと思っているからです。確かに増大サプリを使った事がないうちはそういう風に思ってしまうのも無理はないと思います。

 

ですが、そういう方も自分のイメージだけで増大サプリを使わない選択肢を安易に取らないようにした方が良いです。確かにサプリを使うよりも手術をした方がすぐに結果が出て良いように思えます。ですが、手術で大きくする手術も欠点があります。それは手術をした痕跡がどうしても残る点です。ですから、見る人が見れば手術で大きくしたのがバレバレになります。

それに対して増大サプリで大きくすればそういう事はないです。
ですから、自然な形で大きくしたいと思うなら手術を受けるよりは増大サプリを使って短小の悩みを解消すべきです。2016年現在、人気があって安全性の高いサプリはゼノファーEXとヴィトックスα、レッドドラゴンというサプリですね。このサプリを比較して自分にあったもんを選ぶと良い結果が出るでしょう。

 

身体が小さいと、何かとコンプレックスになります。

私は小さな時から成長が遅い子供でした。クラスで並ぶ際にも、列の最初にくるような背の低さでそれがコンプレックスだったのです。背が低いと女性からモテません。

 

思春期になると、その悩みは大きくなりましたが、さらに拍車をかけて嫌だったのはアソコも小さかったことです。中学校の修学旅行に行くまで、自分のアソコが小さいということには気づいてイませんでした。

 

しかし修学旅行で友人たち大浴場に入った時、自分のアソコの小ささに思い知らされたのです。

 

友人たちのアソコは、明らかに自分のものよりもはるかに大きかったのです。その頃は思春期で性に対する関心も高くなっていたために、衝撃は大きなものでした。ただでさえ背が低いのにアソコも小さい私は、それ以降、ますます女性に対して臆病な性格になってしまいました。そして最悪なことに、そのまま成長を続け成人し、社会人にまでなってしまったのです。

 

就職した現在でも、相変わらず女性に対してはうまく接することができません。そして恥ずかしながら、素人童貞なのです。というのもアソコが小さいからで、女性に馬鹿にされないかと怖くて、どうしても深い関係になれないのです。アソコさえ普通の大きさだったら、こんな苦労をする必要はないのにと悲しくなってしまいます。